seesaaブログ300万アクセス達成しました!いつも聴いてくださってありがとうございます!
Spotify Podcast「悩みは神様からの贈り物」はこちらからも!

身近な人間関係ほど難しいものはないようです。

一番近い夫婦関係ならなおさらかもしれません。

皆さんは、ある話題がでるたびいつも話がこじれて夫婦喧嘩になってしまう、そんな経験がありますか?

こじれる夫婦喧嘩の原因

38歳のA子さんは、そろそろ子供が欲しいと強く願っていました。

でも夫は子供に自分の自由が束縛されることに恐れを感じていて、ずっと曖昧な態度だったんです。

A子さんは、子供を持つのは普通のことだし、今まで自分は、夫のために仕事とかいろんなことを譲ってきたのだから、この望みぐらいは聞いてくれて当然だと考えていました。

だから煮え切らない夫の態度に腹が立ち、子供の話になるたびいつも大喧嘩になっていたんです。

難しい問題ですよね。皆さんならどうするでしょう?

女性の出産には年齢制限があるので、A子さんの気持ちもすごくよくわかります。

でもだからといって夫を無視して、勝手に子供をもつわけにもいかないから喧嘩になっちゃうんですよね。

こんな風に話すとこじれてしまう問題は、どうやって解決すればいいんでしょう?

今日は、3つのこじれポイントからその解決方を探ってみたいと思います。

こじれポイント1 「私は、こんなに犠牲を払ってきた!」

相手のために自分は今までたくさん犠牲を払ったという思いがあるとき、話はこじれやすくなるようです。

こんなに犠牲を払ってきたのだから、今度は相手が譲るのが当前と考えるからです。

このこじれポイントをなくするためには普段から、犠牲になりすぎないように注意することが必要です。

思いやってあげるのはいい事かもしれませんが、

「こんなに私が犠牲を払ったのだから、今度はあなた。」とお返しを求めるよりは、最初からお返しが必要とする犠牲は払わないほうがいいんです。

なぜかというとあなたの犠牲に、全然相手が気づいていないことも多いからです。

たとえ気づいていても、あなたが好んでやったとか、やるべきことをやっただけと捉えてしまうことも多いんです。

このギャップが大きくなると、相手はあなたのわがままを一方的に押し付けられているように感じるので、話し合いがこじれるんです。

だから何かをやってあげる時は、「相手が喜んでくれたらそれでいい」と思える範囲にとどめることを意識してください。

でも、こういう話をすると、

「えっ!お返しを求めたらいけないんですか?そんなの損ですよね!それなら私はこれから、家事はいっさいやりません!」(笑)
とおっしゃる方も、たまにいらっしゃいます。

だけどたとえ一人暮らしでも、ある程度の家事はやりますよね。

だから自分が犠牲になっていると感じない範囲でやってほしいんです。

こじれポイント2 「こんなに私が望んでるのだから、受け入れるよね?」

私たちは自分が熱望する感覚に飲み込まれてしまうと、それを手に入れることしか考えられなくて、相手にも同じように別の望みがあるということが見えなくなってしまうことがあります。

そして自分の望みの方が、絶対に必然だと考えてしまうんです。

でも望みには、どっちの方が上とか下とか、より正しい望みということはありません。

人間関係は、それぞれの気持ちをお互いが理解して、そこそこお互いが納得できる妥協点を見つける作業です。

自分の望みの方が上で、必然だと考えてしまうと話はこじれます。

こじれポイント3 「愛があるなら、やるでしょ!」

「私が疲れてる時ぐらいは、いちいち言わなくても助けてくれるはず。もし私への愛があるなら

助けてほしい時こんな風に考えて、相手のあまりの思いやりのなさに情けなくなったり、腹が立つ経験は、きっとみんなありますよね。

でも愛と、相手の願いを察知する能力は、違うもののようです。

一般的に女性の方が高いとされる相手の願いを察知する能力ですが、それでも人によってかなり差があります。

相手の目線の動き一つでどうしてほしいのか察知できる人もいれば、言葉に出してもまだピンとこない人もいるんです。

もしあなたが高い察知能力をもっている人なら、相手が悪気はないけれど、あなたの願いを察知できないという事が、少し考えれば理解できますよね。

だから察知しないことと、愛情の深さは関連づけないほうがいいんです。

余計に傷つかずに済みます。

ただシンプルに「~だから~してほしい」という風に、あなたのニーズが、相手の心に確実に届く方法で、わかりやすく伝えてください。

悩みはあなたと家族がもっと幸せになるための贈り物!
大丈夫!あなたにもできます!

毎週金曜日に配信します!
著者 心理カウンセラー/講演家 かなう美保  
12歳までの記憶を失う体験をする。重い障害の娘を自宅で看護し、自らの手の中で天国に送った。息子の頭にこぶし大の腫瘍ができ、頭蓋骨が3㎝の半円状に溶ける経験をした。特別養子縁組により血のつながらない子を我が子として育てている。発達障害のため担任からいじめられ不登校からひきこもりになった息子に寄り添い、やがて息子は大学に入学、現在は子供の気持ちがわかる小学校の先生として働いている。 

詳しいことは グレイスカウンセリング http://kanaumiho.com/
Facebookアカウント https://www.facebook.com/mihokanau 
Instagram https://www.instagram.com/mihokanau/?hl=ja

こちらをポチッとして、生声のメッセージをSpotify podcastで「悩みは神様からの贈り物」を聞いてくださいね!
 (Spotify podcastの「悩みは神様からの贈り物」をフォローしてもらえたら励みになります!)