悩み相談! 電話/対面カウンセリング

悩みは神様からの贈り物!

あなたと家族の人生もかわります!

「これさえなければ…」そう思うことがあなたにもあるかもしれません。
でも大丈夫!あなたと家族の問題が解決し、人生は変わります!
グレイスカウンセリングでは、ミルトン・エリクソンの家族療法、デビット・バーンズの認知療法を応用し、あなたの悩みを根本から解決します。だからもう一人で悩まないで下さい。あなたの笑顔は私たちの喜びです。

アダルトチルドレン、子供の問題、伴侶の問題、夫婦不和、人間関係うつ、不安感、ストレス、自信がない、依存症、共依存症など

かなう美保から皆様へ

「これさえなければ…」正直にいうと私もそう思ったことがありました。

私の母は統合失調症でうつ病、それが原因で私は12歳までの記憶を失う体験をしました。

結婚して授かった娘には重い障害があり、自宅で看護しましたが、私は幼い娘を天国に送ることになりました。

2番目の子はADHDで、高校生の時にはそれが原因で担任の先生にいじめられました。不登校になり、高校を退学して息子は引きこもこるようになって、自分への自信をすっかり失った息子でしたが、私に気持ちを話す中で、少しずつ自信を回復し、勉強して大学にも合格し社会復帰を果たしました。

「これさえなければ…」と思うことがあなたの人生にもあるかもしれません。
でも悩みがあってもあなたは幸せになることができます。大丈夫、あなたの人生も必ずかわります!

アクセス

グレイスカウンセリング ユーカリが丘サテライトルーム

京成線【ユーカリが丘駅】徒歩2分

グレイスカウンセリング 青山オフィス

地下鉄 青山1丁目駅 徒歩1分
(大江戸線・銀座線・半蔵門線)

詳しいアクセスはこちらから!

tel 070-3985-2594

 

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

最近の投稿

【vol.509 子供の人生に干渉し続ける母】-母の支配から抜け出る!《悩みは神様からの贈り物!》

【vol.509 子供の人生に干渉し続ける母】-母の支配から抜け出る!《悩みは神様からの贈り物!》

280万PV達成できました!応援ありがとうございます!

過干渉の母に苦しむ人は、あなただけじゃない

お母さんは誰にとっても特別な存在ですよね。でも特別であるゆえに、その存在に苦しむ人も多いようです。

今日は、大人になった娘の人生に干渉し続ける母の支配から抜け出る秘訣をお話ししたいと思います。

娘の成長に不安を感じる母

女の子たちは、だいたい小学校4年生ぐらいで思春期の入り口に立ちます。

それまで母に全幅の信頼を寄せて、なんでも言うことを聞いてきた女の子たちも、自我が育ち同性の母を客観視するようになっていくんです。

それは女の子が、自分のアイデンティティを見つけて大人の女性に成長するために必要なステップです。

でもそれまでいう事を聞いていた娘に眼差しに、自分への批判の光を見た時、母親の反応は、大きく二つに分かれていきます。

一つは娘の成長を認めて、それまでの干渉を徐々に緩め自立させようとする母親。

もう一つは、娘の成長に不安を感じ、もっと自分の言うことを聞かせようとして、さらに束縛を強める母親です。

これが娘たちの息苦しさの原因となっていきます。

多くの場合母の支配は、力づくではなく愛情の形をとります
「あなたのことを心配してるの」「これはあなたのためだから」といった言葉で、母は子供を支配します。

もちろん母自身、本当にそう信じていることも少なくありません。だから厄介なんです。

母親の言葉は、自分を思っているように聞こえるので、子供は無下にすることに罪悪感を覚え、このことが母の支配から出ることを難しくします

娘の人生で、自分の夢を実現させようとする母

母親は娘の服装や結婚相手やその生き方を、自分好みに仕立てることで自分の夢を実現しようとすることが良くあります。

そんな有名人の話もよく聞きますね。母はまるで人生を二回生きているかのようです。

いい子として育ってきた女性ほど、自分の人生で母の夢を忠実に実現しようとしますが、でもそれは本来自分の夢ではないので、自分を否定し続ける生き方が息苦しさをつくるんです。

母の価値観は、変化する

母の価値観が矛盾に満ちているということもよくあることです。

子供の時は、娘が男の子に負けない成績を取って、優秀な学校に入学し、いい会社に入ることを自慢にしていた母、

でもいざ娘が社会に出ると「男以上に働く女はかわいげがない。」といって娘を困惑させたりします。

娘が10代の頃は「男の子と付き合っちゃダメ」と言っていた母が、20代になると「彼氏もいないの?」と言い出したります。でもいざ恋人ができればなんだかんだと母は彼に文句をつけるんです。

そして娘が三十を過ぎてくると「結婚できない娘なんて恥ずかしい。」と平気でいったりします。

母にとって娘の人生は、人に自慢するためのアクセサリーなんでしょうか?

母の干渉から抜け出す!

もしあなたの母親が、あなたの人生に干渉し続ける母なら、どうすればいいんでしょう?

大切なことは、あなたが精神的に自立するということです。

自立するという意味は、あなたのもっている価値観をお母さんにわかってもらおうとすることをやめるということです。

あなたの生き方や理解してもらうことを諦めるとうことなんです。

お母さんが認めなくても、自分が着たいと思う服を楽しんで着、自分の生きたい人生を生きていく、これが自立するという意味です。

このことを実行するためには、あなたは強くなる必要があるかもしれません。

それまでは強い態度をとっていた母が、あなたが距離をおこうとすると途端に、突然弱さを見せることがよくあるからです。

あなたは、自分が母を悲しませていることに罪悪感を覚えるかもしれません。そう感じるように育てられたからです。

「距離をおくのはムリだ。」と思うかもしれません。

でも子育ては子供を自立させることがゴールです。本物の愛情なら自分が寂しくても、子供が自立することを喜びます。

罪悪感で自分の心がぐらついても、自分を励ましてください。

しばらくたち泣き落としが効かないとわかれば、多くの母たちはけろっとしたりします。

長年世間の荒波を生きてきた母は、あなたが心配するほど本当は弱くはありません。

今日の話皆さんはどう思いましたか?
悩みはあなたと家族がもっと幸せになるための贈り物!
大丈夫!あなたにもできます!

毎週金曜日に配信しています!
著者 心理カウンセラー/講演家 かなう美保  
12歳までの記憶を失う体験をする。生まれつき重い障害の娘を自宅で看護し、自らの手の中で天国に送った。中学生の息子の頭にこぶし大の腫瘍ができ、頭蓋骨が3㎝の半円状に溶ける経験をした。発達障害が理由で先生からいじめられ不登校から引きこもりになった息子の話を聞き寄り添い、やがて息子は自ら勉強を始め大学に入学、社会復帰を果たした。
詳しいことは http://kanaumiho.com/
Facebookアカウント https://www.facebook.com/mihokanau 
Instagram https://www.instagram.com/mihokanau/?hl=ja

どうぞ上の写真をポチッとして、生声のメッセージ「聴くと元気になる! 悩みは神様からの贈り物」を聞いてくださいね!
 (YouTubeのいいね!+チャンネル登録 もらえると励みになります!)

PAGETOP
Copyright © グレイスカウンセリング All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.