seesaaブログ300万アクセス達成しました!いつも聴いてくださってありがとうございます!
Spotify Podcast「悩みは神様からの贈り物」はこちらからも!

やりたいことがわからない

「自分のやりたいことがわからない。」
「やろうしても、エネルギーがでてこない。」

うつ病や不登校、ひきこもりの方などいろいろな方場面でよく聞く言葉です。

自主性を重んじる言葉?

子供の自主性を重んじる教育が大事と言われて、だいぶ経ちます。

そんな中親が子供によく言うようになった言葉があります。

「~しなくていいのかな?」
「みんな、~してるよ」
「~した方がいいよね。」

やんわりした表現だし、一見子供の気持ちを重んじているようにもみえますよね。

でも自分が言われる立場だったらどうでしょう?

「家事、そろそろはじめなくていいのかな?」
「やっぱり仕事は、きちんとやらないとね。」
「みんな、ちゃんとやってるよ。」

大人になった今でも、こんな風に言われたら、自主性を尊重されてるというよりも、感じるのはプレッシャーばかりじゃないでしょうか?

それならまだ「~しなさい!」ときっぱり言われる方が、「そんなのやりたくない!」と反発もしやすいし、それが自分ではなく、親の希望や意思だという事もはっきりしています。

「やらなくていいのかな?」と促されてする行動の一番の問題は、それがまるで自分の意思だったかのように、本人も勘違いしてしまうところです。

「自分で選んだはずなのに、実は自分の意思じゃなかった。」

こんな状態が続いたら、自分が何をしたいのかわからなくなってしまうというのも当然ですよね。

よく言われる、真綿で首を絞められるような苦しみというのは、こんな風に発生します。

自分の本音をキャッチする

やさしいタイプの人や繊細な人ほど、自分に何が求められているのかを子供のころから敏感に感じ取り、周りを喜ばせるために行動をします。

でもそうしているうちにいつの間にか、自分のやりたいことがわからなくなってしまうんです。

自分のやりたいことが分からない、やろうとしてもエネルギーが湧いてこないこんな時は、どうしたらいいんでしょう?

そういう時は、自分の本音を感じるところから始めてください。

「弱音なんか吐かないで、頑張らないちゃ!」
「周りとうまくやっていくには、少しは我慢しないと!」
「大人なんだから、母親なんだからこのぐらいはやらないと!」

こんな風に考えることって、よくありますよね。

もちろんあなたが、頑張って我慢してきたことで、良かったこともたくさんあったと思います。

でも「やりたくない」「つらい」という自分の本音に向き合うことも怖れないで欲しいんです。

一見わがままに見えるマイナスの本音も、ちょっと考えれば人間として当たり前のことを言ってるだけのことがほとんどです。

気力が回復して、やりたいことを見つける秘訣

「この方がうまくいくから」
「周りの人が喜ぶから」
「将来のためには、こうした方がいいから」など

「○○すべき」と頭で考えた効率的な生き方に、あなたの本音が侵食され続けてきたなら、自分のやりたいことはわからなくなっていきます。

理性や理詰めで「こうするべき。」と考えても、本当にやりたいこととずれているなら、エネルギーが湧かないのも当然なんです。

だから今「動かなくちゃ!」と思っても、あなたが動けない状態なら、そんな自分を責めるのではなくて、

エネルギーを全部使い切るまで、ずっと走り続けてきた自分を、むしろ「よく頑張ってきたね」とねぎらってあげてほしいと思います。

今までのように思い通りに動けない自分を責めることをやめて、ちゃんと心を休めれることができたら、エネルギーは必ず回復するからです。

私たちは頑張り続ければ、きっと誰かが「もう、休んでいいよ。」と言ってくれるのではないかと期待しがちです。

でも本当にあなたにいつ休みが必要なのかをわかるのは、あなた自身だけです。

だから助けを求めている自分を抑えつけるのではなくて、耳を傾けて聞いてあげてください。

そうやって自分のマイナスの自分の本音にもつき合う覚悟を決めてください。

私たちの本当の望みは、本音の奥に眠っています。自分のマイナスの本音に向き合って、受け止めていくと、自分が心の底から望んでいる望みも見えてきます。


悩みはあなたと家族がもっと幸せになるための贈り物!
大丈夫!あなたにもできます!

毎週金曜日に配信します!
著者 心理カウンセラー/講演家 かなう美保  
12歳までの記憶を失う体験をする。重い障害の娘を自宅で看護し、自らの手の中で天国に送った。息子の頭にこぶし大の腫瘍ができ、頭蓋骨が3㎝の半円状に溶ける経験をした。特別養子縁組により血のつながらない子を我が子として育てている。発達障害のため担任からいじめられ不登校からひきこもりになった息子に寄り添い、やがて息子は大学に入学、現在は子供の気持ちがわかる小学校の先生として働いている。 

詳しいことは グレイスカウンセリング http://kanaumiho.com/
Facebookアカウント https://www.facebook.com/mihokanau 
Instagram https://www.instagram.com/mihokanau/?hl=ja

こちらをポチッとして、生声のメッセージをSpotify podcastで「悩みは神様からの贈り物」を聞いてくださいね!
 (Spotify podcastの「悩みは神様からの贈り物」をフォローしてもらえたら励みになります!)